音を使って例えば蛋白質と化合物の結合を検出する──。大阪大学基礎工学研究科機能創成専攻平尾研究室の荻博次准教授が新しいバイオセンサーの開発を進めている。水晶の周波数の変化によって物質間相互作用を無標識、無接触に検出しようという技術だ。同時に光学的な観察もできるセンサーになりそうだ。開発の現状を荻准教授に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)