細胞が分泌する小胞エクソソームが多細胞生物にとって、細胞や組織間のコミュニケーションを担っていることが続々と分かって参りました。そしてこれを治療薬として開発できないか? いくつかの我が国のパイオニア達が動きだしました。新しい創薬のモダリティとしてエクソソームの現状と課題をまとめました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら