さて、前回までで間接経費を増やすことの重要性を述べてきたわけだが、研究費改革は間接経費を増やすことだけでない。研究費の使い勝手の向上など、研究費自体(直接経費)の改革も必要である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)