2015年6月5日、最高裁判所第二小法廷は、ハンガリーのテバ ジョジセルジャール ザートケルエンムケド レースベニュタールシャシャーグ 対 協和発酵キリン株式会社(最高裁平成24年(受)1204)において、「プロダクト・バイ・プロセス・クレーム」(以下、PBPクレーム)についての新たな判断を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)