国立がん研究センターは、難治性の乳癌患者を対象にした核酸医薬TDM-812を用いた医師主導治験を開始した(関連記事)。同センターは、2015年7月7日、記者会見を開き、核酸医薬の安定性を高めるスリー・ディー・マトリックスのペプチドを用いた製剤の特徴や、治験デザイン、イヌを用いた非臨床試験の結果などについて説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)