総合科学技術イノベーション会議による各省との調整がうまくいって、多くの研究資金が競争的資金に分類されたとしても、予算全体が増えない場合には、直接経費を削って間接経費を措置しなければならない。そのため、間接経費を充実させることによって研究開発そのものがより促進されるような仕組みづくりが重要になってくる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)