バイオイメージング最前線(第2回)

人と人を結ぶ バイオイメージング

(2015.07.03 17:20)1pt
2015年06月29日号
朽津和幸=東京理科大学教授

 学問が細分化・たこつぼ化し、分野間の相互交流が難しくなっていることが叫ばれて久しい。色々なことに手を出し過ぎて、研究が虻蜂取らずになってはいけないことの必然とはいえ、自分の興味をある狭い分野に限定して深掘りするだけの研究には、若い頃から何か違和感を覚えていた。しかし、生物の研究が、逆に統合の時代を迎えていることに、あるときふと気が付いてから、ますます楽しくなった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

バイオイメージング最前線のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧