世界に先駆けて一細胞単位での生体分子の精密計測プロジェクトを開始した日本。このプロジェクトにおいて生体分子のデータ解析に情報技術の観点から関わってきたのが、現在、京都大学iPS細胞研究所増殖分化機構研究部門教授の藤渕航氏だ。現在、細胞の違いを決める最小情報規格の策定などを進める藤渕氏に研究の動向を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)