米国遺伝子細胞治療学会(ASGCT)が、かつてのにぎわいを取り戻しつつある。CART療法など遺伝子改変した細胞を癌患者に移入する細胞療法の実用化も近い。ゲノム編集を使った遺伝子導入の効率も急速に向上し、今後臨床入りを果たしそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)