印刷する

閉じる

ヘリオス鍵本社長、「加齢黄斑変性に対する再生医療製品は1000万円を切るかどうかのレベル」

(2015.06.30 00:26)1pt
久保田文

 ヘリオスの鍵本忠尚社長は、上場翌日の2015年6月17日に本誌の取材に応じ、開発中の加齢黄斑変性に対するiPS細胞由来の網膜色素上皮(RPE)細胞を用いた再生医療製品について、海外での開発の方向性や製品価格の見通しなどを明らかにした(関連記事1)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み