ここ半年ぐらいの間に、欧米製薬企業とベンチャーとの提携が活発化しているのが遺伝子治療分野だ。昨年12月に米Pfizer社が、米Spark Therapeutics社と血友病B向けの遺伝子治療の開発と販売で提携したのに続いて、今年1月には米Biogen社がイタリアのSan Raffaele-Telethon Institute for Gene Therapy (TIGET)と契約を結び、血友病AとBに対する遺伝子治療を開発すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)