慶應義塾大学先端生命科学研究所発のベンチャー企業であるサリバテック(山形県鶴岡市)は、唾液中の代謝物解析により、癌などを早期発見する技術の実用化を目指している。同研究所の特任准教授であり、同社のCTOを務める杉本昌弘取締役は2015年6月19日、本誌の取材に応じ、同社の事業計画などについて語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)