CRISPR/Cas9を用いた技術が多様化を始めた。その中でも実用に供するとして特に発展しているのは、標的遺伝子の転写活性化に関する技術だ。これらの技術は発展の過程で2つの方向性に分岐している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)