細胞の中身をナノチップで吸い出し、質量分析装置で解析することで一細胞単位で代謝解析や薬剤の代謝解析もできることを示したのが、理化学研究所生命システム研究センター一細胞質量分析研究チームの升島努チームリーダーだ。升島チームリーダーにこれまでの開発の経緯と今後の研究の展望について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)