政府は2015年6月22日、経済財政諮問会議に「経済財政運営と改革の基本方針2015」(いわゆる骨太の方針)を、産業競争力会議に「『日本再興戦略』改訂2015」の素案をそれぞれ示した。社会保障給付の増加を抑制し、歳出改革を進める一方、イノベーションの推進に向け、「特定国立研究開発法人(仮称)制度」の早期創設や大学改革などを推進するとした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)