「暑い季節、汗をかいたら痛風・高尿酸血症にご注意-プリン体に直接作用する乳酸菌の力-」と題するマスコミセミナーが、2015年6月17日にホテルオークラ(東京・港)で開催され、東京女子医科大学の山中寿教授/附属膠原病リウマチ痛風センター所長と、帝京大学薬学部臨床分析研究室の金子希代子教授が講演した。山中教授は、「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」(第2版が2010年に改訂・発行)の委員長を務め、金子教授も同委員を務めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)