2014年度の競争的資金の受取額が1億円以上の研究者数は全体の1.3%、219人だった。国立がん研究センターの落谷分野長が新たに16億5300万円を受け取り3位に躍り出た。アカデミア発のシーズ開発のプロジェクトによる研究資金の増額が見られる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)