味の素はエスアールエル(SRL)と共同で、早期発見にも対応した膵臓癌のリスクスクリーニング検査を2015年8月から開始する。「『アミノインデックス』がんリスクスクリーニング」(AICS)検査で7種目の癌。味の素が、大阪府立成人病センターとの多施設共同研究で、膵臓癌の早期発見にAICSが役立つと期待できることを見いだした成果は、名古屋国際会議場で6月19日から20日に開催される第46回日本膵臓学会大会で行われる「2015 PanCAN Award」において、Clinical Research Award(臨床研究部門賞)を受賞することが決定した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)