製薬大手の2014年度業績は前年度に引き続き増収となる企業が目立った。武田とCiRAの包括提携など細胞再生医療への大手の進出が本格化してきた。アステラス製薬のイクスタンジの売上高が1372億円に達しブロックバスターになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)