明治は、明治ミルクプロテインプロジェクトを2015年6月12日に発足させた。乳由来の蛋白質であるミルクプロテインの新たな可能性を切り開き、現代日本の抱える健康問題の解決を目指す。6月12日に都内で開催されたセミナーでは、同社が製法特許を出願した「速攻吸収製法」などを明治の荒森幾雄常務執行役員が解説し、ミルクプロテイン強化乳飲料を用いた介入試験の成果などを同社の池上秀二スポーツニュートリション研究部長が紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)