国立がん研究センター分子細胞治療研究分野の研究員である高橋陵宇氏は、乳癌に発現するマイクロRNA(miR-27b)の発現量が低下すると、薬剤耐性を得ることを発見した。研究成果は、2015年6日12日、Nature Communications誌に発表された。今回の研究で同定されたmiR-27bによって、糖尿病薬が乳癌に効果がある機序を解明できたことなどについて、高橋氏に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)