東京医科歯科大学医歯学総合研究科疾患多様性遺伝子学分野テニュアトラック講師で理化学研究所総合生命医科学研究センター統計解析研究チーム客員研究員の岡田随象氏は、日本人のHLA遺伝子配列を予測できる参照データベースを構築し、自己免疫疾患の発症に関わる新たな多型の発見で成果を挙げた。既に存在するゲノムワイド関連解析(GWAS)データへ応用することでHLA遺伝子の多型が関わる様々な疾患の発症機序解明やバイオマーカー探索、創薬標的の同定などに活用できると期待する。岡田氏にこれまでの経緯と今後の展望について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)