大塚食品(大阪市中央区、戸部貞信社長)は2015年4月28日、ケルセチン高含有のタマネギ「さらさらゴールド」を使用したオニオン飲料「しぜん食感極(ごく)べじonion」を発売した。さらさらゴールドは、三井物産と北海道大学発ベンチャーの植物育種研究所(北海道夕張郡栗山町、岡本大作社長)が共同開発したタマネギだ。「タマネギ飲料に続き、極ベジ飲料のシリーズ化を進める」と、大塚食品研究開発本部琵琶湖研究所商品開発室の村瀬浩リーダーは6月5日の取材で話した。取材には、6月1日に製品部しぜん食感担当プロダクトマネージャー(PM)に着任した森恵愛氏も同席した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)