チェコInstitute of Organic Chemistry and Biochemistry AS CR (IOCB)は、チェコ共和国の首都プラハに拠点を置く研究所だ。IOCBで発見された複数の有機化合物は、米Gilead Sciences社に導出され、現在HIV感染症薬「Viread」(tenofovir)やB型肝炎薬の「Hepsera」(adefovir)などとして販売されている。2015年6月2日、IOCBの取り組みや、パイプラインの開発状況などについて取材した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)