徳島大学大学院医歯薬学研究部の寺尾純二教授はハウスウェルネスフーズと共同で、サツマイモを同時に摂取すると、タマネギのケルセチンの体内への吸収が低下することをヒト試験で見いだした。2015年3月に岡山市で開かれた日本農芸化学会2015年度大会で3月28日に発表した。農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が2013年度から実施している「機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト」の成果の一部だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)