オーストラリア統合医療研究所のKarin Ried研究部長は2015年6月3日、熟成ニンニク抽出液(AGE)が血圧や心臓の健康に与える影響を調べる臨床研究成果を、都内で開かれた湧永製薬創立60周年記念講演で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)