2014年の夏より、インドのGujarat州では、菜種油の原料として使用される遺伝子組み換え作物(GMO)の圃場試験が開始されている。試験では、収穫量をはじめ環境への影響など、様々なデータが検証される。あと1カ月ほどで、商業用栽培のための承認申請作業が開始される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)