理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター(理研CLST)非天然型アミノ酸技術研究チームの大竹和正特別研究員と坂本健作チームリーダー(TL)、理研横山構造生物学研究室の横山茂之上席研究員らは、改変した遺伝暗号(コドン)を利用して新規アミノ酸残基であるハロゲン化チロシンを蛋白質に導入することにより、酵素を安定化させる技術を開発し、特許を出願した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)