食品安全委員会は2015年6月2日に開催した第563回会合で、「いわゆる『健康食品』に関する検討ワーキンググループ」を設置することを決めた。2015年夏から検討を開始し、2015年度内に取りまとめる。座長は、脇昌子・静岡市立静岡病院副院長兼内分泌・代謝内科科長/京都大学医学部臨床教授が務める。記事末尾にWGの専門委員8人と、専門参考人4人の名簿を掲載する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)