製品評価技術基盤機構(NITE)が保有する微細藻類株を用いて生産される細胞外多糖(EPS)が、スキンケア製品等の化粧品原料としてサンプル提供されることになった。日本化粧品原料協会連合会が2015年6月3日から5日にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催する第7回化粧品産業技術展化粧品(CITE Japan 2015)で、NITEの微細藻類由来の化粧品サンプルをパナックアドバンス(東京・港、宮下識代表取締役)が発表する。パナックアドバンスが培養する微細藻類のエキスや精製した有用成分などを化粧品メーカー等に提供し、共同で原料開発を進める取り組みを開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)