特集

再生医療の品質管理

製品データから常に製造法を改善、品質のばらつき拡大を抑制
(2015.06.01 05:33)1pt
2015年06月01日号
高橋厚妃

再生医療等製品は、原材料と製造工程によって品質のばらつきが大きくなる。品質管理の肝は、原材料や製造工程のばらつきを一定範囲に抑えることだ。自動培養装置で製造中の膨大なデータをモニタリングし、細胞の規格を作成する動きも。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧