第9回日本エピジェネティクス研究会年会が2015年5月25日から26日に学術総合センター一橋講堂(東京・千代田)で開催され、400人近くが参加した。国立遺伝学研究所の角谷徹仁教授が年会長を務め、テーマを「エピジェネティクスと遺伝学」に定めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)