香川大学医学部の稲川裕之客員准教授と名古屋経済大学人間科学部の上延麻耶准教授、NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク(LSIN、徳島県高松市、上田和男理事長)は、東洋ライス(東京・中央、雜賀慶二社長)が事業化している「金芽米」が玄米に近いグリセミックインデックス(GI)値であることを見いだした。2015年5月14日から18日までパシフィコ横浜で開かれた第12回アジア栄養学会議(ACN2015)と第69回日本栄養・食糧学会大会で5月15日午後に、この成果をポスター発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)