厚生労働省情報政策・政策評価審議官の安藤英作氏は5月19日、都内で開催されたMeWCAシンポジウム2015に登壇。2015年10月から通知が始まる12桁の個人識別番号(マイナンバー)の健康・医療・介護分野への影響について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)