オーストラリアAdelaide大学は2015年5月15日、WaiteキャンパスにあるSchool of Agriculture, Food and WineのChristopher Preston准教授率いる研究チームが、穀類栽培時に生えてくる雑草ブロムグラス(brome grass)が広く使われている除草剤グリホサート(glyphosate)に対する耐性を示すメカニズムを解明したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)