米Regeneron Pharmaceuticals社とフランスSanofi社は、2015年5月21日、腫瘍壊死因子α(TNFα)阻害薬に十分に反応しない、または不忍容の関節リウマチ(RA)患者を対象に行われた、sarilumabに関するフェーズIII試験SARIL-RA TARGETで、主要エンドポイントが達成されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)