フランスSanofi社と米Regeneron Pharmaceuticals社は、2015年5月18日、吸入ステロイドと長時間作用性吸入β刺激薬(ICS/LABA)を使用していてもコントロール不良で、中等症から重症の喘息に苦しむ成人患者を登録して行われているフェーズIIbの、中間解析で得られた好結果を、米Pittsburgh大学のSally Wenzel氏らが米胸部学会で報告したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)