JCRファーマは2015年4月に、蛋白質や低分子化合物が血液脳関門(BBB)を通過できるようにする技術の「J-Brain Cargo」を開発したと発表した。同社のこの技術をハンター病治療薬JR-141に応用し、臨床試験に向けた開発を行っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)