経済産業省は2015年5月19日、有識者研究会(座長は同志社大学グローバル・スタディーズ研究科の位田隆一特別客員教授)を設置し、検討を進めていた再生医療等製品の製造原料となるヒト他家細胞の入手に関して、研究会の検討結果などを踏まえた「原料細胞の入手等に関する調査報告書」を公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)