特殊免疫研究所(東京・文京、伊藤行夫社長)は、和光純薬工業(大阪市中央区、小畠伸三社長)とプロモーション・販売に関する業務提携契約を締結したと、2015年4月20日に発表した。特殊免疫研は、この契約により、ゲノム編集技術を利用した病態モデルラットや疾患iPS細胞を通じた創薬研究、再生医療研究を支援する事業で年10億円の売上高を目指す。年10億円を達成すれば、同社の売上高は2倍になるという。同社の資本金は4億8000万円、売上高は公表していない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)