欧州連合(EU)の行政組織である欧州委員会(EC)は4月末、遺伝子組換え作物(GMO)の使用について、EUレベルで承認された後でも加盟各国に使用禁止の裁量を認める提案を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)