米Gevo社は2015年5月7日、自社のアルコール-ジェット(ATJ:alcohol-to-jet)燃料を商業化するため、米Alaska航空と戦略的提携関係を締結したと発表した(関連記事)。Alaska航空はこの再生可能ジェット燃料を購入し、旅客便に使用する最初の航空会社となる。Gevo社の特許取得済みのATJ燃料は、クリーンな燃焼をするドロップインジェット燃料で、飛行用バイオ燃料を競争力のある価格で商業規模で供給できるポテンシャルのある燃料。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)