第一三共は2015年5月15日、2015年3月期の通期業績に関する説明会を都内で開催した。品質問題がなかなか解決しないインドRanbaxy Laboratories社をグループから分離することを決断した中山讓治社長(写真)は、新薬事業への集中・回帰など新たな経営方針を示した2017年3月期から2021年3月期までの中期経営計画を2016年3月に公表することを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)