米Nationwide Children's HospitalのJerry Mendell氏は、2015年5月15日から米国ニューオリンズで開催されている米遺伝子細胞治療学会(ASGCT)で、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)を対象としたアンチセンス核酸、eteplirsen(AVI-4658)のフェーズIIbの延長試験の最新状況を報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)