2015年5月15日から米国ニューオリンズで開催されている米遺伝子細胞治療学会(ASGCT)で、スイスNovartis社のランチョンセミナー「改変T細胞を用いた癌治療」が開催され、米Pennsylvania大学のBruce Levine氏、英OxfordBiomedica(OXB)社CTOのJames Miskin氏、Novartis社、細胞療法遺伝子治療ユニットのKeith Wonnacott氏が、キメラ抗原受容体(Chimeric Antigen Receptor:CAR)-T細胞療法の実用化に向けた課題などについて講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)