タカラバイオのニュースをきっかけに、厚労省に取材をかけて驚きました。日本全国の医療機関や大学、企業が再生医療新法に対応するため、ざわざわと動き出していたのです。再生医療新法が定めた再生医療参入の第1ハードル、特定細胞加工物製造届けの5月24日の締め切りが迫っているのです。再生医療にも時ならぬゴールドラッシュがやってきました。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら