内閣府食品安全委員会事務局は2015年5月13日15時に、「食品に係るリスク認識調査の結果について」を発表した。2つ目の質問「癌の原因になると考える項目」では、22項目の選択肢をアンケート調査で用意し、その21番目は「大豆イソフラボン」だった。一般消費者の回答では「遺伝子組換え食品」は、「自然放射線」よりも低く、「医薬品」よりも高い結果となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)