米Battelle研究所は2015年4月22日、米エネルギー省(DOE)が設定したバイオマス熱分解による輸送用燃料の商業生産マイルストーンを超えることに成功したと発表した。Battelle研究所はバイオマス熱分解から得られるバイオオイルを輸送用燃料ならびに航空燃料に変換する連続水素化処理プロセスの運転を連続で1200時間稼動させることに成功、その耐久性を示しバイオ燃料の生産コストとリスクを減らすことを実証した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)