米Merrimack Pharmaceutical社は5月5日、血清遊離IGF-1高値の転移性膵癌患者を対象に、bispecific抗体(二重特異性抗体)MM-141のフェーズII試験を開始すると発表した。試験では1次治療として、nab-パクリタキセル/ゲムシタビンに対するMM-141の上乗せ効果が検証される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)