国際製薬団体連合会(IFPMA)は2015年4月29日、世界でまん延する抗菌剤耐性菌について、関係者が一致協力して、その対策を進める必要性を改めて訴える報告書「細菌と闘う方法を考え直そう」(Rethinking the Way We Fight Bacteria)を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)